ISO感度

ISO感度

ISO感度

ISO感度とは感光部が光を感じる感度の良さを数値化したものです。 もともとISO感度はフィルムの感度の規格でしたが、デジタルカメラの感度にも使われています。

 

フィルムに100や400といったのがあるのを覚えてますでしょうか。デジタルカメラではこのISO感度を上げることによって暗い場所でも明るく、手振れが少なく撮影できます。

 

ISO感度は数値化されていて、ISO100から最近のものでは12800というように数字で表現されます。数値が大きいほど高感度に撮影できます。

 

しかしISO感度は上げれば上げるほどノイズが多くなり画質が悪くなるという欠点がありますので、画質にこだわる場合には上げすぎるのはよくないです。
写真を見ていただくとわかるように、数字を上げて撮影すればするほど、真っ暗な部屋なのに被写体がはっきりと写っています。

 

ISO感度の調整ですが、普段はほとんどの方が全自動モード撮影していますので、ISO感度は周りの明るさやモードに応じてカメラが自動的に決めてくれます。ですので、あまり気にせずとも大丈夫です。

 

ISO感度

関連ページ

基本用語(絞り)
一眼レフカメラでは欠かせない「絞り」について説明します。
シャッタースピード
シャッタースピードとは、光をイメージセンサーに当てる時間のことです。別名露出時間とも言います。
月を撮影してみよう
最も手軽な被写体の一つに「月」があります。今年(平成24年)の9月の中秋の名月は立派なもので、次に同じような月が見れるのは8年後ということでした。
花火を撮影しよう
誰もが夏になり花火大会へ行った時などは、きれいな花火をの写真を撮りたいと思うはずです。

ホーム RSS購読 サイトマップ